金魚を長生きさせる飼育法

金魚もしばらくいると、なかなかかわいいものです。
しかも金魚は10年近く、あるいはそれ以上と長生きする生き物です。

ですから、できれば長く飼ってあげたいですよね?

ここでは、そんな金魚を長生きさせる飼育のポイントを紹介します。

金魚の生活は、大まかにみて水温と水質が大きな注意点です。

水温に関しては、冬に室温がとても下がってしまったり、逆に上がったりする場合はヒーターなどで水温の調整が必要です。
しかし、金魚に関してはそれほど気にしなくてもいいかもしれません。
一度水温などをチェックしてみてください。

そして、金魚の飼育はもちろん、熱帯魚などを飼育する場合でもっとも大きな問題になるのが水質です。

一番いいのは、大きな水槽で少なめの匹数の金魚を飼育することでしょう。
そして、バクテリアや水草などを適量いれて水槽内の環境を整えてあげることです。
特にバクテリアは、金魚の飼育に欠かせない水質の改善にとても役に立ちます。

広い水槽だと、水を頻繁に交換しなくてよくなりますから、環境の変化によるストレスも軽減できるでしょう。

水質改善用のバクテリアなどは、熱帯魚ショップなど水槽が売っているところで一緒においてあります。
バクテリアが十分に活躍できるようになるには、1ヶ月ちかくかかるようです。

あとは、水流が強くならないように気をつけるのも大切です。
金魚は水流を嫌うので、ポンプの動作で水流が強くならないようにする意味でもやはり広めの水槽がいいですね。

結婚相談所

トップ > 金魚の飼育について > 金魚を長生きさせる飼育法